チャンピックスって大丈夫?

病院でも処方されるチャンピックスですが、実はその副作用が問題視されているのです。めまいや吐き気、意識障害や難聴などの副作用が挙げられています。特に車の運転は避けてください。あなたが無事、禁煙を成功できるよう応援しています。

禁煙で悩んでいる男性

手縫いボール使用のオリンピックとチャンピックス

2020年に開催される東京オリンピックでは、2008年の北京オリンピック以来3大会ぶりに、野球とソフトボールが公式競技として復活する可能性が高いと考えられています。これらの競技は日本での人気が高いということと共に、手縫いのボールを使用しているということが共通しています。このために、競技に出場する以外にも多くの人が参加しているということになります。

この様に注目度が高い東京オリンピックには、海外からも多くの人が訪問することが予想されます。その際に問題になるのが、タバコ対策です。日本の喫煙者率は下降の一途をたどっており、現在ではピーク時と比べると半数未満の数字で、成人男性でも30パーセントです。しかし、海外と比較すると依然として高い数値で、非喫煙者が嫌な思いをしないような工夫が必要となります。

このために、競技の多くは完全禁煙という環境の中で行われることが予想されており、野球やソフトボールの観戦を楽しみたければ、オリンピックまでに禁煙に成功しておかなくてはなりません。現在は、専用のアイテムも多数開発されており、様々な方法にチャレンジすることが可能です。その中で最も成功率が高いということでオススメなのが、医療機関で処方される禁煙補助薬のチャンピックスです。

このチャンピックスは、脳内のレセプターを刺激することにより、タバコを吸った時に分泌される快楽物質を少量だけ放出するという内容です。このために、タバコを吸わなくてもリラックスした状態をキープできます。また、レセプターを塞いでいる様な状態になるので、タバコを吸っても美味しく感じることはありません。つまり、タバコを吸う必要性も感じなくなるので、自然に禁煙できるという結果につながります。