チャンピックスって大丈夫?

病院でも処方されるチャンピックスですが、実はその副作用が問題視されているのです。めまいや吐き気、意識障害や難聴などの副作用が挙げられています。特に車の運転は避けてください。あなたが無事、禁煙を成功できるよう応援しています。

記事一覧

個室で吸えない企業の増加とチャンピックスでの禁煙

数ある企業の中には社内に喫煙ができる個室を用意し、そこで自由にタバコを吸えるようにしている企業もあります。ところが昨今の禁煙ブームや嫌煙者の増加によって喫煙スペースを撤去している企業が増加しているのです。その為、社内では吸う場所がなくなってしまったり、さらに徹底している企業ですと敷地内で吸うことも禁止されています。そしてこうした企業は決して希少な存在ではありません。喫煙を禁止する企業はどんどん増えており、喫煙者の肩身は益々狭くなっていく一方なのです。
喫煙禁止のルールが広まっている世の中ですので自然と禁煙を意識する方も増えているようですが、その一方で禁煙にトライしたものの失敗してしまう方も多いようです。
禁煙に失敗してしまうのはやり方が良くないことが多く、中でも失敗する割合が多いのが我慢する方法でしょう。我慢だけでやめられた人の割合は多くありませんし、それゆえに失敗続きの方も珍しくないのです。
成功する為にはやり方を変えてみる必要がありますが、成功に向けてチャンピックスを活用してみるのが良いと言えるでしょう。クリニックでの禁煙治療の際にも処方される薬であり、禁煙ができる可能性を飛躍的に高めることができます。経口薬ですので簡単に利用することができ、またニコチンに関しても無配合となっている為、ニコチンによる害の心配もありません。
チャンピックスで成功できる可能性が高くなるのは離脱症状の軽減作用と、さらにはタバコの味を変化させるからです。失敗の主な原因になる離脱症状が起こり難くなりますし、タバコを吸っても美味しく感じることはできなくなりますので、自然な禁煙が可能になります。その効果は数字となって現れており、最終的には半分以上の方が禁煙に成功しているのです。

続きを読む

禁煙専門外来ではニコチネルパッチかチャンピックス

タバコの喫煙による健康被害が広く理解されるようになった現在、禁煙治療の専門外来が多くの医療機関に設置されています。禁煙外来に訪れた喫煙者は、問診票を記入した後に医師の診察を受け、治療が必要だと判断されれば、3ヶ月間にわたる禁煙治療が始まりますが、治療開始とともに禁煙補助薬としてニコチネルパッチとチャンピックスのどちらか一方が処方されます。
ニコチネルパッチは名称からもわかるように貼り薬です。パッチにはニコチンを含む薬剤が封入されており、上腕部、お腹、背中のいずれかに貼ると、薬剤が皮膚から体内に浸透していきます。ニコチネルパッチを使った禁煙治療は、ニコチンの封入量が異なる複数のパッチを用いて、徐々にニコチンの量が少ない環境に適応させていく方法で行われます。ニコチネルパッチ自体は薬局やドラッグストアで一般用医薬品として販売されていますが、禁煙外来で処方されるニコチネルパッチは一般用医薬品よりパッチの種類が多く、より離脱症状による影響が少なくなるよう工夫されています。
一方、チャンピックスは飲み薬で、医師に指定された時間に決まった量を服用していきます。チャンピックスの大きな特徴は、薬剤中にニコチンが一切含まれていないことで、代わりに有効成分であるバレニクリンがニコチン受容体をブロックしながら、自ら受容体を刺激してドーパミンを放出させます。チャンピックスはこの作用によって、ニコチンを取り込むことなく離脱症状と喫煙に対する欲求を減らすことができ、ニコチネルパッチを使う方法より確実に禁煙を成功に導くことができます。
禁煙専門外来がある医療機関では、処方薬を決める際にはまずチャンピックスの選択が優先され、ニコチネルパッチはチャンピックスの服用が適さない患者に対して使用するようにしているところが多いです。

続きを読む

チャンピックスを使うやり方ならまわりに左右されない

禁煙を何度も失敗していると、やり方が悪いのではないかと考えその都度色々な方法をためしてみるという人は多いものです。
しかし、失敗する度に色々なやり方をころころ変えていても上手くいくものではなく、効果的な方法をしっかりと試すことが一番重要なことになります。

禁煙をしている時にはまわりの環境に左右されてしまいがちで、一人禁煙を頑張ろうとしていても周りの人がタバコを吸ったりしていると、どうしても我慢ができずにタバコを吸ってしまったりするものです。
そこで、まわりに左右されずに効果的な方法を選ぶのであればチャンピックスのような禁煙補助剤を使用するというやり方になります。
チャンピックスの優れた効果のひとつとして、タバコを吸いたいという欲求を抑えることができるというものがあり、これを服用することでタバコをそこまで吸いたいと思わなくなるので禁煙をしやすくなるのです。
禁煙をしていれば、何度かはタバコを吸いたくて吸いたくてたまらないという状況になることがありますが、チャンピックスを使えばそのような状況にはなることがなく、吸いたいと感じたとしても我慢できる範囲の衝動に抑えることができます。

また、チャンピックスを服用しているとタバコを吸っても不味く感じられるので、一本を吸ってしまったとしてもそれがきっかけで禁煙が終わってしまうというようなことはなく、一本吸ってしまってもまたそこから禁煙を続けることができるので、成功しやすくなるのです。
禁煙には様々なやり方がありますが、どのような方法を選ぶにしても喫煙欲求を抑えることに苦労するものです。
しかし、チャンピックスであればその一番つらい部分を楽にしてくれるので禁煙を成功させやすくなります。

続きを読む

1日目のチャンピックス、禁煙太りから痩せる

チャンピックスは、第1週目は喫煙しながら使うというのが変わっている薬です。最初から禁煙を実行するのではなく、1日目~7日目までは禁煙する必要はありません。もちろん、途中でタバコが自然に吸いたくなくなったら吸わなくてOKです。
そして、8日目になったら薬を飲み続けながら禁煙を開始します。
スタートダッシュをかけずに行うので、無理なく禁煙に取り組むことができます。チャンピックスは計12週間服用して、効果を確かめます。禁煙できたと思っても、医師の指示通りに服用することが大切です。勝手にやめてしまうと禁断症状があらわれたりと、ぶり返してしまうことがあるので注意しましょう。
禁煙に成功すると健康状態が回復してメリットが多いですが、太りやすくなるというデメリットがあります。これは、今までタバコによって麻痺していた味覚が回復してくるからです。そのため、以前よりも食べ物がおいしく感じられて、食べ過ぎてしまうようになります。
太らない人もいますが、太る人が多いのが事実です。
だからと言って、せっかく成功させた禁煙を解除する必要はありません。
それよりも、健康的に痩せる方法を考えましょう。食べ過ぎが原因であれば、食事の糖質を少なめにするなどすると良いです。
また、タバコをやめて体の機能が回復してくれば、運動したい気持ちになる場合もあります。そうなったら積極的に体を動かしてみましょう。
また、徐々に体の新陳代謝が回復してきて、自然に痩せる場合もあります。今まではタバコによって血流が悪くなっていましたが、それが改善されることで血流が良くなり、全身の細胞に栄養と酸素が供給されることで痩せやすくなります。
太るのを恐れて禁煙を実行しないのはもったないです。

続きを読む

海外のタバコ事情|チャンピックスと禁煙の協力者

海外では、タバコのパッケージに喫煙で汚れた肺がデザインしてあったり、肺がん患者の末路などが描かれていて、グロテクスです。これだけで吸いたい気持ちが減退する人もいます。
目から入ってくる情報の威力というのは、思いのほか強いものです。見ているだけで嫌になるという視覚の効果を狙っています。
日本のタバコのデザインは各社かっこ良くデザインされていて、タバコが不健康なものとイメージさせるものではありません。箱に小さく肺がんなどへのリスクは書かれていますが、注意してみないと見えないくらいの存在です。
海外と比較すれば、日本はまだ本気で禁煙に取り組んでいるとは言えません。
本気で禁煙したいならば、チャンピックスという禁煙補助剤を使ったり、周りに協力を仰ぐ方法がオススメです。
チャンピックスは成功率92.6%の薬で、従来のニコチンパッチやガムで失敗してきた人が成功している事例もあります。ニコチンではなく、バレニクリンという成分の力でタバコを吸いたい欲求をなくします。ニコチンを使わずに、ニコチンを摂取した時のような快感を感じさせてくれるので、無理なく禁煙ができます。
禁煙は、一人で行うよりも誰かと一緒に取り組んだり、周りに協力を仰いだ方がうまくいきます。家族がいる人ならば、万が一タバコに手が伸びた時には指摘してもらうとか、見張っていてもらうのも良いでしょう。
一人で続ける禁煙は辛くて不安ですが、誰かのため、誰かが一緒に頑張っていると思うと、続けやすくなります。一人でやっていると孤独感を感じてすぐに挫折してしまうという人は、プライドを捨てて周りの協力を仰いでみましょう。
禁煙できないのは恥ずかしいことではないと思うことが大切です。

続きを読む

手縫いボール使用のオリンピックとチャンピックス

2020年に開催される東京オリンピックでは、2008年の北京オリンピック以来3大会ぶりに、野球とソフトボールが公式競技として復活する可能性が高いと考えられています。これらの競技は日本での人気が高いということと共に、手縫いのボールを使用しているということが共通しています。このために、競技に出場する以外にも多くの人が参加しているということになります。

この様に注目度が高い東京オリンピックには、海外からも多くの人が訪問することが予想されます。その際に問題になるのが、タバコ対策です。日本の喫煙者率は下降の一途をたどっており、現在ではピーク時と比べると半数未満の数字で、成人男性でも30パーセントです。しかし、海外と比較すると依然として高い数値で、非喫煙者が嫌な思いをしないような工夫が必要となります。

このために、競技の多くは完全禁煙という環境の中で行われることが予想されており、野球やソフトボールの観戦を楽しみたければ、オリンピックまでに禁煙に成功しておかなくてはなりません。現在は、専用のアイテムも多数開発されており、様々な方法にチャレンジすることが可能です。その中で最も成功率が高いということでオススメなのが、医療機関で処方される禁煙補助薬のチャンピックスです。

このチャンピックスは、脳内のレセプターを刺激することにより、タバコを吸った時に分泌される快楽物質を少量だけ放出するという内容です。このために、タバコを吸わなくてもリラックスした状態をキープできます。また、レセプターを塞いでいる様な状態になるので、タバコを吸っても美味しく感じることはありません。つまり、タバコを吸う必要性も感じなくなるので、自然に禁煙できるという結果につながります。

続きを読む

チャンピックスの2chのうわさは考慮に値する?

禁煙補助薬として人気の高いチャンピックスは2chなどでもさまざまなことが言われるようになっています。
中にはチャンピックスの効果自体に疑いの目を向けるような意見もありますから、時には「本当に飲んでも意味があるのだろうか」として考えてしまうこともあるでしょう。
さて、しかし2chの意見を考慮が値するのかと言われると、これは実際のところかなり微妙です。
まず第一に、2chは日本最大規模の匿名BBSです。
今でも多数のユーザーがそれぞれ思ったような意見を書き込んでいる場所ですが、中にはそうした匿名性を利用して商品に関するイメージ操作を試みるような人もいるわけです。
そのため2chで悪い情報が書き込まれていたとしてもそれは信用できない可能性がありますし、場合によっては全く逆のことが書いてあることすらあり得るでしょう。
ただ完全に信頼できないのかと言われるとこれも難しく、先ほど述べた通り2chでは匿名性が保たれているために自由に意見を述べられる環境があります。
その中では通常の口コミサイトに投稿すると削除されてしまうようなかなり深い情報まで書き込まれることがありますので、そうした情報については考慮に値すると言って良いでしょう。
総括すると2chの情報は役に立つものと役に立たないものの差がかなり激しく、全てを情報として読むのは難しいと言えます。
そのためもし2chで情報があったとしても、それをすぐに信じるのではなくまずは自分で調べて判断することが重要です。
この「自分で調べる」ということをしっかり行えるのであれば、多くの情報を得られる場所としてはそれなりに価値がありますから、情報判断に慣れてきた頃に閲覧をしてみると良いでしょう。

続きを読む